おつかれんらく

今回は絵すらありません
ので話をします

庭に埋めたジャガイモが芽を出しました
適当に植えましたが、腐らずに育成に成功したようです
そしてジャガイモにつく害虫と言ったらオオニジュウヤホシテントウです
テントウムシといえばアブラムシを食べる益虫として有名ですが
益虫のテントウムシは肉食テントウムシ
オオニジュウヤホシは植物食のテントウムシで、ナスとかジャガイモにつきます
肉食テントウはつやつやしてて可愛いですが、植物食テントウは毛が生えててくすんでます
初めて見たときは、見た目がもさいけどレア感あるわーって感じでした

話が明後日ですが、仲田静は割と虫が平気です
この間レットロビン見てたらシャクトリムシ見つけました
自力で捕まえた虫の中で一番レア度が高そうなのはゴマダラカミキリです
換気扇の室外機の近くにアリジゴクとジグモが住んでいた時期があり
面白いので餌を投げ入れに行ったりもしました
近所の公園には貯水池があり、雨が降ると公園中の水たまりをアメンボが滑ります
サッカー場近くの林をうろうろしながらセミの抜け殻あつめしてたら
まだ中身抜けてないセミを捕まえてしまい
近くの木に返したらその場で羽化が始まってセミが抜けてくるのをじっと見てました
セミの羽化を生で見たのは今のところその時だけです
アパートの網戸にどでかい白い蛾が止まっててビビったことがありますが
よく考えればあれヤママユの一種だったんじゃ、レア物だわ
くもん教室の窓の光に寄った虫を、ヤモリが捕まえに来るのはなんか可愛い
自分の部屋の窓の真下にハチが巣を作ったときは
拾ってきたテニスボールを投げつけて巣を叩き落したりしました、我ながらろくでもない
ちょっと離れた公園で一度だけフンコロガシを見た記憶があるんです
なんでわかったかというと、転がしてる時に遭遇したから
でも住宅地の公園にそんな貴重な虫いるのか、未だに謎です、話しても誰も信じなかった

虫の事を思うとだいたい夏か秋の記憶です
まあ活動時期がそうだから仕方ないんだけど
カブトムシのツメが肉をつかんで
腕のうえを這って行くあの感覚はどうしようもなくノスタルジー
虫が飛んでると夏来るなと期待感が高まりますね


あと今日の仲田静は猛絶に頑張りました
上手くできていたかというと、及第点取れてないですが
無い引き出し開けて頑張ったのは事実なんで、自分でねぎらう

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仲田 静

Author:仲田 静
なかた しず
むっつり系マンガオタク

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
にほんブログ村
押すと投票されます
FC2カウンター